ホワイトニング

歯にも美白。きれいな歯はずっと印象に残ります。

濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯前にあててゆっくり、やさしく、接続的に脱色します。
ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに、歯が白くなります。 その安全性については、FDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。
歯科医師の指導を受け、ご自分で自宅で行っていただきながら白い歯を取り戻していただく方法です。

知っ得Q&A!

芸能人のような白い歯になりたいのですが!
ラミネートと言う、セラミックの薄片を歯の表面に貼り付ける方法があります。

ラミネート加工例 出来るだけ歯を削らずにセラミックの薄片を歯の表面に貼り付けます。
より自然な色合いを再現し、永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
« 【 ラミネート加工例 】

歯の表面を削らずに白く出来ますか?
歯を削らずに歯の表面から施す治療があります。

術前 術後(上あごのみ処置)
オフィスブリーチング(歯科医院での歯の漂白)という方法があります。 比較的濃度の高い過酸化水素を含む薬剤を歯面に塗布し、強い光を当てたり、レーザーを照射して化学反応を促進して歯を漂白する方法です。

どのくらいの時間で白くなりますか?また、半永久的に白いのですか?
ブリーチング(歯の漂白)の効果には個人差があります。

通常、治療にはおおよそ下記の時間が必要です。
◆ 通院の場合:3〜4回の通院( 1回:1時間〜1時間半程度 ) ◆ ホームブリーチング( 約1ヶ月 )
半永久的に歯の色が白いままと言う事は断言できません。漂白の効果には個人差がありますので一旦白くなった歯の色が徐々に元に戻る場合があります。
【 費用 】1回 20,000円 × 通院の回数

通院する時間があまり無いのですが…
歯科医師の指導を受けながら自宅で行える治療方法があります。

◆ ホームブリーチング(歯科医師の指導を受け自宅で自分で行う歯の漂白)
ホームブリーチングは医師の指導を受け、自宅で自分で治療を行います。オフィスに比べて作用の弱い過酸化尿素を含むジェルをマウスガードに流し込んで、一定時間装着して歯を漂白します。

虫歯治療中ですがホワイトニング出来ますか?
歯に虫歯やその他の不都合がある時は、それらの治療を済ませてからホワイトニングします。
喫煙やコーヒーなどで黄ばんだ歯の色はホワイトニングできますか?
クリーニングで汚れを落とし白くしていきます。

歯の変色には、表面の汚れが歯を変色させている外因性によるものと、エナメル質・象牙質の変化による内因性によるものがあります。 外因性のものに対してはクリーニングで研磨していきます。内因性に対しては歯のホワイトニングや人工の歯等で白くしていきます。
【 外因性 】表面の汚れが歯を変色させている場合
【 内因性 】エナメル質・象牙質の変化場合

年をとって歯の色が濃くなってきたのですが、歯の色は白くなりますか?
変色した歯の中には漂白で白くよみがえる場合があります。

ホワイトニングをするには最適です。

費用はどれくらいかかりますか?また、保険は適用できますか?
費用は下記のとおりです。保険は適用されません。

◆ 通院の場合:1回 20,000円 × 3〜4回 通院
◆ ホームブリーチング:約50,000円
◆ ラミネート:1本 63,000円